ふくしまのママとこどもたちと♪

この一週間は、福島の母子を迎え入れる保養活動でボランティアしていました。


「うぇるかむ・しのばらんど」

私の両親が中心になって始まり、2011年夏から7回目。



福島からは、7家族のママと子どもたち、
前回も来た面白い中学生5人チーム。

迎え入れるスタッフは篠原や藤野の人や家族、
ボランティアさんは遠くから来てくださるかたもいたけど、


ここの「よさ」はみーんなで「大家族」になること!!

お世話してあげるというより、普段の自分たちの暮らしに混ぜてあげるような、一緒に子育ちする。

どこか落ち着いていて、みんなあたたか〜くて、懐かしいようなところ。



「初めて来たと思えないくらい」とママ達がメッセージにしてくれていて、嬉しいな。



今回、ママたちが「癒されてる、リラックスできるわ〜」と様々な面で言っていたのが印象的でした。

福島だから、というだけじゃなくても、解放されるところがあるみたい。


子育てって、本当に大変なんだな、ママってすごいなって、感じたよ。



でも子供たちはみんなママが大好き!っていうのも、すっごく感じたの。

個人的に、ママを解放してあげたい気持ちと、子供たちの「ママといたい」意思と、そのあたりがどこまでどこまでかな〜と、常に考えて参加していました。



子供たち、可愛かったな〜〜

面白かったな〜〜


「しのばらんどでは僕のお姉ちゃん!」 

ありがとう、また遊ぼうね。


最終日は泣いたよね。
いろんな想いが絡み合って。

ただの遠足ではないもんね。


みんなここでもどこでも変わらず、元気に笑っていてほしいな。



そして来れる時には、またきてほしい♪



しのばらんどは、自然に囲まれていて環境がいいし、そんな中で子供たちの成長の場になっているから、とっても好き。

食事も身体に優しくて、栄養摂れる知恵と工夫で、毎食手がこんでいて美味しくて 。



地元・藤野の「篠原」

私も通っていた全校6人だった篠原小は、10年前閉校してから、「篠原の里」となり、人が集まる場所になったんです。


3・11があって、福島が実家にある私の母親は何かできないかと、仲間たちとはじめ、
藤野をはじめたくさんの方に様々な形の協力をいただいて、迎え入れています。

協力は、それぞれの方の気持ちが見えて、それだけで胸がいっぱいになってしまいそう。




今回も、今朝の神奈川新聞に載ったみたいです。
記事はこちら。

http://www.kanaloco.jp/article/68788/cms_id/72863
「肩の荷 軽くなった」、福島から親子招き保養キャンプ



さて早速都内へ戻たものの、まだ藤野時間で。ぼーっとしてるよっ。
明日から関西へ行くのに、大丈夫かな~~あはは~~


anna sekai

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿