わたしのピアノは幻のピアノ《polca挑戦中!!》




「マーヤの家にあるピアノ。あれはあんなのピアノだよ」
驚いた。


当時ピアノを習っていた小学生私にと、
父方の祖母(マーヤ)が知人から譲り受けたピアノだった。

祖母は現役の頃ピアノ教室を開いていたので、
まさか今残っているあの一台が自分のピアノだという事は、すっかり忘れていた。

そうとなれば、今は眠っているあのピアノを、うちへ連れてきて鳴らしてあげたい。



先日、今は誰も住んでいないマーヤとカンシー祖母祖父)の家へ忍び込んだ。



そこにあったのは、初めて見るイースタインというメーカーのピアノ。

調べると、日本製の”幻のピアノ”という言葉が目に飛び込む
どうやら既に廃業しており、なかなかお目にかかれないらしい
後にこう続く。

『終戦間もな元軍人であった松尾新一の
「これからは文化を創るんだ」との願いの元に創業。』

この一文に心を打たれ、
同時に私は「絶対に大事にしよう」と誓うのだった。
そして何より、黄ばんだ古めかしい鍵盤を叩くと、
その音色にもすっかり惚れてしまったのだった。

高音の響きは特に、宇宙の細やかな星空のような空間が広がる。

この喜びを表すとしたら、
”どこをとってもタイプ”な人と恋に落ちたような気持ちだ。


意図せずこのピアノに出逢えたことを運命のように思えるし、
主にギターと共に歌ってきた私の音楽人生の中で、
神様に「またピアノを弾きなさい」と言われたようでとっても、嬉しかった。


何年も眠らせてしまってごめんね。

ほこりも拭って修理もして、ちゃんと蘇らせるから、
これからは一生共にしていこう。


そして今製作中の次回のアルバムに、貴方の音色を入れること、私、決めたよ。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


はい、

決めました!!



ということで、急に決まったピアノの引越しと調律と修理、録音。

他にも出費が重なる時期で、
クラウドファンディングのお友だち。
今話題の「フレンドファンディング」をやってみることに!

一口2000円。
お返しは新年発売目指す製作中のニューアルバム!
もちろんピアノの音も入ります
サイン入り・メッセージ付き。

言ってしまえば
新しいアルバムを前払いしてもらう、といった感じです。


フレンドファンディングは
500円くらいが支援してもらいやすいと思うのですが、
ピアノだといいお返しが思いつかなくて…

ちゃんと金額相当分で満足していただきたいし、
気持ちよく、CD先行予約的な形にしました!


「あんなせかい次回作絶対買う!」
という自信のある方はぜひ、よろしくお願い致します。


クラウドファンディング、と聞くと難しそうですが、
この”polca”はとっても簡単。

アプリからしか開けないのですが
余計なものが一切なくてわかりやすい、スマートなアプリ。
検索機能すらないので、
ダウンロードしたら、この画像からジャンプしてくださいね。




フレンドファンディング。
新しいですよね!
今年家入一真さん率いるCAMPFEIREが作ったものです。

お友だちの中での、小さな支援。
自分が出す側でもとっても簡単なので、ぜひやってみてくださいね!



あと、最近はじまったインスタのシリーズ



こちらもよろしくお願いします♡

フォローしてね! @annasekai

anna sekai

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿