来週は参加型アートフェス

3/14に相模湖で「参加型アートフェス」があります。実は私は最初、クロージングのファシリテーターをお願いされた時、受けるかどうしようか悩みました。






ふじのキッズシアターは、輝くことや表現する喜びをおしえてくれたところ。
大人も子供もみんな大きな家族で、あたたかさに包まれている居場所。


今回は年に一度の公演ではなく、当初子どもだった私たちが大きくなり、それぞれ舞台製作、音楽、美術、ダンスなど、個々が活動していること、チカラを合わせて、大人に指示されるでなく、
子ども世代から発信していこう!という、新たなステップなイベントになるのです。


私は居心地のよい藤野から、あえて東京へ出てきたし、今回は関わらないでいました。簡単に言えば「卒業」したつもりというか。

そんな中、イベント趣旨もきちんとわからないまま、ポンっとクロージングという大事なところを「アンナしかいない」とお願いされた時には、「馴れ合いの中でやるのは違う、主催の皆んなでやるのがいいんじゃないか」 と返してしまいました。


でも、そのあと委員長のあきこが直接話してくれて、
今回は同じ顔ぶれでやるものではないし、
アーティストとして力を借りたい。
最初は大人から声がかかったけど、今は自分たちの中に強い気持ちがある!

と意欲あるメッセージを伝えてくれたことで、私の動機にもなり、ようやく受けることにしました。

その時にクロージングのイメージが湧いたのです。


自分にとっても、新たな挑戦。
今までもキッカケを作ってくれたキッズシアターや、種まきをしてくれる ありすには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

今までここでつちかってきたものを、わたしなりのかたちで、全力を出したい。
みんなのハートで触れ合う、エネルギーあふれる空間を想像して。


先日のリハーサルに向かう途中には、卑劣な事件を深く知り、しゅんとしながら向かったら、
子供達の歌やひたむきなパフォーマンスに感動して、すっかり心洗われました。


「君を悲しませている権力を持った人たちは、闇の心で支配されている。闇の人たちは、光が苦手。だから光のエネルギーで、いっぱいにするんだ。」 


ここは、私が育ったから居心地よい場所 

というのではなく、

人間として居心地のよい場所、エネルギーがあふれる場所

というふうに、もっともっと広がってほしい。
そう思っています。


都内の方も、高尾から一駅先の相模湖へ、入場無料なのでぜひ来てみてください。

3/14、@相模湖交流センター、相模湖駅から徒歩10分。
14時〜19:30予定。

途中、with遊寿,ももか と一曲歌うことにもなりました。

盛りだくさんな内容です。



anna sekai

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿