ゆめであいましょう

藤野中の同級生100人中、唯一藤野のアートな界隈で育った2人だった。

タイプが逆だった私たちは卒業間近になって、唯一ロックに目覚めた女子2人でもあったことをキッカケに「小さい頃名前も知らず鬼ごっこしてたね〜」と仲良くなった。


のちロックフェスを主催したり、補助金を得て野外フェスになったり、
そういえば一緒に楽器を始めたのも、初めてフェスに行ったのも、2人だった。



私が藤野を出て、彼女も大学生になり文化研究を進め始めると、あまり会うこともなくなった。

たまーにライブに来てくれた時は、暫く会っていないのに、すべて見透かされたような言葉をかけてくれた。



彼女は文化研究に明け暮れた日々で、就活もしなかったけれど、そんな去年の暮れのこと。


「あんちゃん、下北沢で先輩たちとライブするから来て〜」


と連絡があった。
高校生以来、彼女は音楽をやっていなかったので、嬉しくなって聞いた。

「バンド?パートは??」

「舞だよ。」

「??!」



その日の下北沢は、忘れもしない。


「ゆめであいましょう」


そんな、私の深い縁のあのコが参加しているバンドです。

この春、上京してきて、また新たなことが巻き起こっていきそうな予感。



「ギターアンプ3つ持ち込みできる?」
と聞かれる。

どうなるのか、私も何もわからない。


「ゴールデンへなちょこ」
5月3日 日曜日

きてね!


【 ゆめであいましょう 】

ずっと忘れない一つ二つの、三つ四つのおもざし。 
----鏡のような海に 
----あなたは飛び込んで 波をひとつ消した ----ささめく 小佐保をすぎ
----つぎねふや 布留をすぎ
----水たまる 依網をすぎて
----垣下に植えた薑。
口ひびく  よも忘れじ。
(ゆめであいましょう、あまやぎ、おごそかな古窓として)拝

anna sekai

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿