五月女五月のこと

 

音楽をやっていて志や想いが一番近く、一番親しかったバンドが今月、解散する。





PVが公開され、早速観るとまたこれが超大作だった。

全て自らで撮った映像からは、彼らが生み出す真実や闇や光が映し出され、歌がビシバシ届いてくる。


私や藤野の子たちも映っているって理由でいいから、見てほしい。

(その件ではのびるっ子保育園のご家族の皆様方、ご協力ありがとうございました。)




彼らの初ライブは、忘れもしない
私が高1の時主催した「FUJINO ROCK FESTIVAL」のとき。

SEで中島みゆきの「ヘッドライト・テールライト」が流れ、そのままサビが過ぎてもステージは誰もおらず、やっと出てきたのは3分後、無言での登場。

ボーカル関田くんはコカコーラの文字が入った真っ赤なパンツ姿。
楽器を鳴らすと、初めて合わせる時のような衝動で男3人「アホバカカスシネー!」と叫びまくっていた。
下手くそだけど、めちゃめちゃかっこよかった。

それから2年後にギターの太っちょの女の子が加入した。
同い年のその子はパンツ見せながらギターを掻きむしっていた。
初めて女性でかっこいいと思うギターを弾いていた。





やっぱり下手くそだけど、当時の下北のパンクバンドシーンで、あんなに真があり、形だけのパンクでないのは彼らだけだったと思う。



その年、かりゆし58などが所属するレーベルからデビュー。

「生きてることが不安でどーする?死んだ方がコワイぜ 」
「神様やめたら次俺にまかせろ!」

渋谷のタワレコなど幾つもの路上にデカデカとポスターが張り出された。





世界は破滅に向かってるんだよ、
その中で生きてるんだってこと、気づけよ!
生きるんだよ!

毎回自分と向き合わさせられるような
そんなメッセージがビシビシ伝わってくるライブの迫力。 










ステージでは「愛なんだよー!」と愛らしくなく叫び、

ステージを降りても、愛想もそれほど無く、上辺をしない。
近くでこぼれる一面は一人一人とっても面白くて、それを露にしないその不器用さがまた、心地いい。



「五月女五月が解散する時は、俺らは全部やり遂げたってことだ」

そんなことを前からよく言っていた。
でも何かが終わることって、綺麗な事では無いんだと知った。







去年から一年以上製作していたフルアルバムを出すと同時に、五月女五月は終わる。


理由はいろいろある。

こんなに真実に背を向けず対峙し続けたバンド、なかなか無いと思うんだ。



このPVは、今を生きているあなたに、ぜひ見てほしい。


わたしは何度観ても、

大切なものに触れ、涙がこぼれ落ちる。



そしてまだ、ラストライブが残っています。

この最期の衝撃を、ぜひ、生で感じてください



10/12(日) at studio246京都

10/17(金) at新宿マーブル
五月女五月 ワンマンライブ



GREAT JOURNEY/五月女五月


anna sekai

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿