みんな夕陽だった。

 

さいきん空見てなかったなーって思った。

住宅街から見えてるのはやっぱり空じゃない。

覗き込まないと見えないなんて、空じゃない。


なんて思いながら


実家までのバスの中で、窓の外を眺めていた。


空が広く見えると、空を見るよなー。と思って。当たり前だけど。



すごくきれいだった。



そして降りるバス停に近づいた頃、パアッと開けて、
今まで見てた雲はほんの一部だと判明した。

バス停を降りて、丘をあがる。





わたしも霧の中にいた



まわりの山々をみると、そこには雲海のような、霧の海。


山々はうっすらピンクに囲まれて

わたしの手も、うっすらピンクに照らされる






あぁ、写真には映らなかった。




夕陽をみているんじゃなくて


夕陽の中にいる、ようだった。


今日は、すごかった。




実家につくと、既に母が眺めている。

「きれいよ!今日!!」

はしゃぐ母とは対照に、
上を見上げると、父が二階の窓(ベスポジ)から慎重に写真を撮り続けてた。


でも実際とは全然違って写る。










夕陽からおしえてもらったこと

雲も夕陽だし

わたしも夕陽だった

山も夕陽だったし

壁も夕陽だった。


夕陽になっているときに

写真を撮ったら

自分はお客さんになっちゃう


夕陽のお客さんにならないで


みんな夕陽だった

anna sekai

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿