おうち修理日記12 風呂取り付けるぜ!


カインズ、コメリ、Jマートに通い詰めた1週間だったんじゃないでしょうか…。

もーほんと、現場合わせの作業なので
急に必要なもの、足りないものが、出てくるんだす。ほんにほんに~

(あさちゃん終わっちゃって寂しいな。。
最高の朝ドラでした!
この場をお借りして、
あさちゃん元気と勇気をくれて、ありがとう!)


最終的な買い物の日には、こんなことに。


見えないけど座席にも足場にも、
どこもかしこにも、つまってました。


なんと、家修理で一番使う「木材」

買ったのは今回が初めてだったことに気づく!

しかも購入した「コンパネ」
何枚かキレイなの持ってるんだけど、木目が気に入らず、購入に至りました。。。


ぜ、ぜ、ぜ、贅沢なハナシだわ~~~~。
失礼しちゃう。


いや、ありがたい話です。
木材には本当困りませんでした。感謝しきれません。



他に車を占領しているのは、

ブロック14個。
大量な発泡スチロール箱。

コレちゃんたちは、お風呂に使います。



お風呂。これ、すんごい相談しまくりました。
全ての工程を書いていると、とっても長くなるので省略。



一番の苦労は、排水管の接続。

ほんの少しで違ったり、いろいろ買っては試し、
他のやり方ができないかその都度考え。

できると思ったら、思わぬところが上手くいかなかったり。


結局、上の写真の「塩ビ管接続の為の部品」をこのようにして使い、
溶かして床の排水の穴に接着し、

そして最終的にはこの子を半分に切断。


えっと、意味不明でしょ!?!笑


この蛇腹ホースも結局失敗だったため、この後買いなおしました。

そのくらい、難しかったんです!

後々水漏れしちゃったら、二度と直せないところだから、と
その分頑張りました。



風呂桶の高さを決め、
ブロックとモルタルで固めます。


ささ、発泡スチロールちゃんの登場です!

何に使うのかというと・・・



風呂の保温です!

本当はスチレンボードとか1000円前後で売ってるものを使うのですが

師匠「発泡スチロールでいいから。
スーパーでもらえるから。

とのことでしたので、ちゃっかりもらってきましたー☆

うひょー!何千円か浮いたね!


そして、事件はここからです。

発泡スチロールでは丸い角や隙間まで埋められないので
スプレーで発泡されるウレタンスプレーを一缶買ってみました。

わたしたちも師匠も、初めて使います。


この見た目よ。


これがね、完全に乾く前に作業を進めてしまい…

あちこちベトベト&ピンク&ムクムクだらけに!!



このハプニングで頑張った排水接続が失敗し、焦る一同。


急いでなんとかしようとする、一見冷静な場面でも、

手袋も顔も壁も床も、
とにかくピンクのむくむくベトベト!!!!


その光景はとってもシュールで、

個人的には、えっと、、



すっごく、面白かったです。(笑)



(写真どころじゃありませんでした)



次の日。
排水をやりなおし、

なんとか排水クリア!!☆

お祝いレベルですよ!


これでやっと風呂取り付けにかかります。


と、思ったら。

今度は遊寿が急用で出なきゃいけなくなり
私も1時間という残り時間で一人やらなくてはいけなくなっ・・・・!


そ、それでもやる!!と決める私。


いやーーー頑張ったのよ、この1時間!

詰める岩や石を外で探し大量に集め、
モルタルを作り、



のち上に乗るブロックの高さを逆算し、
それぞれの箇所の高さを出し、尚且つ平らになるよう、

石を埋めながら、モルタルを埋める。



焦らずこつこつと。
いや、これ女子一人でやる作業じゃないなと思ったよ。


 


いやー



…こりゃ伝わんないな!笑


ちょうど作ったモルタルもぴったりの量で

急いで片付け、汚れも取っていき、
遅刻せずちゃーんと10分前出勤を果たした私に。

盛大な拍手を送りたいわ!


パチパチパチパチパチパチパチ



《 前回までのおうち修理日記 》

2.2016/2/20  床!!(1)
3.2016/2/20  床!!(2)
4.2016/2/20  ~巨匠と古材~
5.2016/2/14  らんま事件
6.2016/4/2  押入れ・床
7.2016/4/6  番外編
8.2016/4/9  春のお庭まつり
10.2016/4/19 お風呂解体
11.2016/4/ 塗り壁下地!

anna sekai

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿