おうち修理日記13 ドア修理、天井塗装


最近会う人会う人、
「おうちはどう~?」と聞いてくれて。

ブログ見てるよ~って言ってくれる人もいて。


ブログ右に表示される閲覧数が大幅に
おうち修理日記で、びっくりしてます。笑


でも、まだまだ住めないんです~。


お風呂もまだ、

畳も入れられないし、
まだ土足で作業してます。


荷物入れちゃう前にやりたい作業ばかり。



電気、水道の水の配管はクリア。

ガスは、まだ。

用意していた古い給湯器が使えなかったので
給湯器探しています。

家の全てのお湯を沸かすものです。

ジモティー見てもいいのなかったなー。

誰かあああああああああ



さて。
ちょこちょこ進めていたこと。






裏口のドアの外面、ベリベリで汚くて。

車でひゅーと降りて来ると、一番最初に目に付くところ。

新しい板を張りたいけど
全然そこまで手がつかない。

そしたら、父とTさんが直してくれました!



ドアノブを取ってたな。
いつのまにかこんなことに。



仕上げの塗装をして、


きれいになりました!


その後、ドアと家にあった隙間を埋めるため
木枠をつけてくれ、かっこよくなりました!





庭には、ほんと行く度に毎日
新しいお花がふえてるの。

これは、芍薬(しゃくやく)

でかいしビビットカラーだし。
唐突でびっくりした!

エレガントな石鹸の香りが。



この子もきれい!

大手毬(おおでまり)というらしい。



見るたびにうっとり。



さて、少し手こずったのは天井の塗装。

6畳二間の天井、色をいい色にしたいね、なんて言って

天然素材の柿渋を買いました。


ためしに一列、塗ってみたら…

白くなる!


えええええ
なんで白くなるの?!

慌ててぞうきんでふき取るように拭くと
少しよくなるも、

柿渋色もあまり出ず、
すんごいムラになってしまい。


これはだめだ!!!!


・・・なぜー?


最初ぞうきんで拭いたときは全然そんなことなかったのに、
柿渋を塗ると、ということは

柿渋の液と融合したのか
もともともの塗装?が溶け出してしまった説が有益に。


木でできた薄い和室の天井。
木が無垢のままなわけないものね。

それにしても、これじゃ
オイルステインも同じことになりそう。

ええい、上からコーティングしてしまえ!

と、水性にスに決意しました。



もともとの天井です。


わたしが塗りました。
ムラができちゃって、やっぱり前の塗装が剥がれたりして
キレイに塗れなかった~~。


めっちゃ反射してる!笑

ムラがかなりあるので、もう一度買って塗るか
考えています。


友達は味があっていいんじゃない~
と言ってくれたけど。


やってることはいっぱいあるんだけど
まだ途中だったりするから、
完成してから一気にかきます!


天気がよくって、ほんと気持ちいいよ~!

作業日和☆



《 前回までのおうち修理日記 》

2.2016/2/20  床!!(1)
3.2016/2/20  床!!(2)
4.2016/2/20  ~巨匠と古材~
5.2016/2/14  らんま事件
6.2016/4/2  押入れ・床
7.2016/4/6  番外編
8.2016/4/9  春のお庭まつり
10.2016/4/19 お風呂解体


anna sekai

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿