たべものとおばぁのちから

おばぁやおっちゃんの本は手に取ると秒殺で買ってしまう。

 そして、ハズレは無い!!



このばぁちゃんも大好きになってしまった。







体の痛みに限らず、夫婦関係や思考性などすべての悩みが、食でほどけていく。



これは、友達や子供を育てるお母さんたちや

マクロビを信じる人にも、

みんなに読んでほしいなっ。



食材で選ぶのではなくて、

陰と陽がふかーく関わってくること。


自分が陽性か陰性かでも変わるし、

自分の体調でも、体が何を求めているかが変わる。


味覚だって、美味しいと感じるものがその時々で変わるのは、カラダが求めているものが違うから。

カラダが求めているものは、美味しく感じるもの。 


でもこれは、欲とはちがうよね!

ってお母さんとこの前話していたところ。




沖縄に行ったときも、とあるおじちゃんが言っていたことが、深く残っている。


「海をも被った中で生き抜いてきた生命力を、エネルギーをいただくんだよ」



そのへんにある草をポイポイつまみながら、

私にも渡してくれて、口へ放り込む。

うん、美味しいっと言ってまた茂みの中へ入ってゆく。






また、土を求めて辿り着いた場所に根付いて、自分1人で家を建て、自然と暮らしているおっちゃんはこう言った。






「あんたら音楽やってるのか

いつもスーパーの野菜を食べてるだろ。

生命力のあるものを食べなければ

音霊にはならないぞ」







そして、そう言う人たちはみんな、ちょっとやそっとのことでピクともしないような、体力も精神もとっても強い人たちだった。



このばぁちゃんもそう。

そしてみんな、どこか垢抜けていて、明るくて、底からの笑顔でまわりの人を引き寄せる。




わたし、ばぁちゃんになりたいのだ。



若杉友子さん

「野草の力をいただいて

若杉ばぁちゃん 食養のおしえ」

anna sekai

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿