物や身体との会話のこと




いろんな物や事がおしえてくれる。

「いまじゃないよ」「やらなくていいよ」


それでも

「今しかないでしょ」
「やった方がいいだろう」

と考えに従って実行してみても、

やっぱり上手くいかなかったり
やらなきゃよかったーってことになったりして

自然の流れに従えばよかったのにーと思うことがある。


だから携帯が壊れても体調崩しても、否めることはなくて

おしえてくれてありがとう。
って思う




わたしの場合、携帯はほんとうに正直
で…


SNSやメールで何かそこにいやな波長があるとき、
フリーズしたりアプリが消えたりして
しまいに連絡先が全部消える。


今日も電話かけようとしたとき、電波が入らなくなった。

(そのときだけで後ですんなり戻る。)




タイミングや関わらない方がいいこと、など
おしえてもらっています。





身体はもっと正直。


エネルギーの材料が切れるよーってなったら
「おなかすいた」「のどかわいた」
って知らせてくれる機能がある。


それと同じように、
自分の体だけど声はかけてくれない代わりに
疲れや痛みやたくさんのものになって、お知らせしてくれる!


すごいよね。




わたしはやっぱりまた身体におしえてもらっています。


昨日もとあるビルに入ってから耳がおかしくなり、今日は久々に病院へ行きました。

こんなこと初めてだったから不思議で何でだーってなって。
その場所であったことが自分に合わないことだよーって、おしえたくれたんだなぁって思ったら


確かにそうなんだよね。





自分の内側と、自分の外の世界にあるそれぞれの内側と、仲良くなってきた感じ


うーん眠くなっちったー



anna sekai

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿