すずめさんのおはなし。


初めて見てくれた方が「生命力を感じた!明日からまた生きようと思ったよ!」と言ってくれたことがとても、嬉しかった。 



いろんな人が観に来てくれたり、


対バンさんも面白かったり、
鈴を頑張ろうと思いました。

楽しかったっていうこと!

ありがとう。





ライブ終えて、ライブしたい!と思えました。

そしたら、日曜もライブでした!!あはは

この日もとってもオススメ。
だって、小さい頃から大好きなエクペリ!
くらげさんにも会える!


5/25(日) 日野Soul・K
open 18:30 start 19:00
Charge ¥1,500(+1オーダー)
出演:石橋マサヒロ/くらげ/国分寺エクスペリエンス/annasekai




さて、本題です。
すずめさんのおはなし。

昨日私のライブ後、すずめさんはどうなった?とたくさん聞かれたので、ここに書こうと思います。



昨日来てくれた方が、来る途中で飛べないすずめさんを拾ったの。
虫カゴを買って、すずめさんと一緒に、来てくれました。

すずめさんは、とても弱っていました。



「親は2週間したら巣から落とすんだって。ヒナは、その日のうちに飛べるようになるんだけど、すぐに飛べない子もいるみたい。」

商店街のはじっこにいて、それに気づいたAさんは、その近くにネコが住んでることも知っていて、拾ったんだって。

「優しい人に会えてよかったね」
そう声をかけてやって、ライブ中は音も影響があるかと思って、控え室に運びました。

たまたま無農薬の新鮮なお野菜を買っていたので、
中に少し入れて、虫カゴの周りにも野菜を置きました。
目の保養になるかなと思いました。



偶然もやっぱり、そうなっていたんじゃないか、と思う。

最近できた新曲が、簡単に言えば、自然界は偉大だな寛大だなって歌。


人はすぐに言葉や手を出してしまうけど、
大きな木は、小さな石ころは、そうしない。


曲の中では、目の前でトリに食べられそうな虫を助けない事を選んで、自然の流れに委ねるんだけど。

だから私も、またいろいろ考えさせられました。


昨日その歌を歌ったよ。
なんてタイミングなんだろう。

なんのメッセージだろう。


・・・

すずめさんは、昨日拾ったAさんが連れて帰り、

お水をやったり、ごはんをあげたりしたそう。
でも、食べなかったみたい。


そして、Aさんから今朝メールが届きました。

「すずめさんが、天国へいってしまいました( ;  ; )」



死んでしまいました。


そうかぁ、

死んじゃったかぁ。





そのことは、
あまり衝撃ではなくて

静かに


静かに、わたしの中へ、降りてゆきました。






これはね、
Aさんのせいじゃないよ。



自然の中で生きてるんだなって、実感します。


みんな、生きたり死んだりしてる。






でも、昨日Aさんが拾ったっていうことは、意味があると思います。

それも「自然」の流れだったんだと思います。


あのすずめさんが、ネコに食べられるより、あのガヤガヤで死んでしまう事より、静かに死ぬことを選んだのかもしれないな。
とも思いました。



すずめさん、たくさんの大切なことを、ありがとう。


この歌を歌うたび、きっとすずめさんのことを思い出すよ、わたし。
そしたら、すずめさんの事をライブでお話する。


今日は、お祈りします。

anna sekai

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿