福島へ

 
行ってきました!

14日は福島市、インドカレー屋さんスルタンでコンサート。


「癒しの音」
というタイトルどうり
インディアンフルート、シンギングボウル、ライアー というような

ヒーリングに用いられる楽器たちのコラボ演奏。

その前座のようなかたちで、歌いました。




「あかちゃんのうた」を歌うと、

「あかちゃんになりたくなーい!!」と子どもたちが騒ぎだし、
( 中には幼稚園もう行きたくないもーんって言う子もいたり、面白かった〜 )


最後にはワーっと来た子たちの「大人になろうー♪」合唱に(笑)






まさに、あかちゃんになろうとはこういうこと!☆ 

あー、楽しかった!



2日目は、「かみさまとのやくそく 〜胎内記憶を語る子どもたち〜 」の上映会 @郡山市
のお手伝い。

100人以上、満員御礼でした。


私はここでも、上映中、遊びたくて仕方ないこたちをママからお預かりして、子どもたちとお外で遊んでいました。

かわいかったなー、面白かったなー。



3歳くらいの初めましての男の子が、パーと走っていったりすると

保養に来てた子たちも追って、車の道路に出ないようにしたり。


ただ遊んでるだけじゃなくて、ちゃんと自分より小さい子の面倒も見る、
って些細なことが身についているのは、保養へ来ていたからかなーとも思ったり。


小さな嬉しいできごとでした。



そう。

福島へ行くのは、親がやってる保養「しのばらんど」に来てた子たちやママ、
自分のおじぃちゃんおばぁちゃんと会えることが、何よりも楽しみで。


不安も多い暮らしだと思うけど、元気にまた大きくなってる子たちと再会すると、涙が出そうになるくらい、気持ちがあふれる。


そして、また、この先ずーっと、この子達の姿を見ていたいな


それは、

どんな人になっていくんだろう!

って気持ちと、

元気でいてほしい。

って気持ちと。






福島という場所に来ると、普段ひとまず置いてあったことにもいろいろ考えたり、ループの悩みに触れたりするけれど



行きの道、目の前には「自然からの祝福」の虹



夜には下のほうにある大きくて、オレンジの月が、笑っているようにそこにあって。



朝目が覚めると、
とてつもない色のうつりかわりを、見せてくれた。




心がいっぱいになる。


自然からの「大丈夫だよ」は、何よりも心強い。



これでいいんだね

ありがとう。


と、いう、気持ち。


少しずつだけれど、
私にできること、やっていこうね。


できないことは、やれない
やりたくないことも、やらない


本当はわかってるね、やりたいこと。





anna sekai

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿