屋久島の旅(森編)

北アルプスの山小屋でバイトしていた以来の、2、3年ぶりの"ちゃんと登山"。

朝7時に出発、この日はゆっくり堪能しながら進んだので
10時間かかって、標高1500mくらいの避難小屋で一泊。翌日、下山。


もののけ姫の舞台となる森





何千年も生きている木たち、







その迫力と未知と神秘、
生命力が
ほんとに、素晴らしかった。







ずっと、ずっと「うわぁ~!」と言いながら進んでたよ~
わかってても、また「うわぁ~!」って言っちゃうんだよね 笑











あのね、みんな一緒に生きているんだなぁって、実感した。

一本の木に見えても、何本も連なっていたり、
そこから、いくつもの種類の植物が生えていたり

死んだ木から二代目、三代目が成長していたり。(それがまたデカイのよ)





「世界は、人生は、一瞬では変わらないんだよ」
と物語っているようだった。







木が死ぬって
どういうことなんだろうって思ったんだけど

自分が木として全うして生きる、というより
もう「土の役割」をしている、ということなのかなぁって








わたしが受け取った、古く大きな木々たちからのメッセージ


「私たちはずっとここに在る(いる)

新鮮な空気、水を育んでいるのは
小さな植物や、小さな生き物たち。
生きているいうことは、常に“新しい”

私たちは、その新しいものを受け取り、受け入れ、
そうして古くなってゆく。(老いてゆく。)」


それは、
「自分たちが長く生きているから、またここから新しく生まれるんだよ」
ではなく、
「若い生命たちに、私たちが生かされているんだよ」

ということ












 古くからあるのに
新しいエネルギーがそこには満ちていた。

anna sekai

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿