屋久島の旅(初日)

 
一週間ほど、行ってきました~

初めての屋久島。
半年前まで、屋久島は「島」だと思っていなかったほどだったのに、もう住んでいるところみたいに、馴れた風景になってしまいました。


初日。

早朝に出た成田は快晴!
きもちよく出発!



だんだん雲が多くなる!
一緒だった付き合いの長い友人は、大きな揺れで酔い・・・ダウン。


鹿児島空港に着いたら、テレビでは「本日梅雨明けが発表されました」と流れた。

モモちゃん(犬)を連れていたおばちゃんは
「あら〜今日来たなんて生憎ね〜。昨日まではとっても晴れていてよかったわよ〜!」と、誇らしげに東京へ帰って行く。


そう、鹿児島はかなりの雨が降っていた。



しばらく介抱し、(と言ってもツボを押し続けて、塩と水をのませて寝かせていただけ)
お昼にはバスで市街へ出発!


初めての九州は、関東よりも木たちがもさもさ、もりもりしている気がした。


市街地へ着き地元のスーパーなどブラブラしていると、
また地元のおばちゃんと話になり、案内してもらったりした。



そしてそこから鉄道に乗り、1番安いフェリーの乗り場へ向かう。
けれどその駅に着いてからも、凄い雨。

フェリーに電話すると「今日は雨と風が強いので、出港はするけれど、折り返すかもしれない」とのこと。


ガーーーン。
本数は1日一便。

それでもここまで来てしまったし、他の船の乗り場は遠いので、悩んだ末、このフェリーに賭けることにした。

だけどその駅から港までは、まだ距離がある。

どうしようかと、ヒッチハイクしようとした。・・・ところ!
話しかけてくれた地元のお母さんが乗せてくれることに!!


やさしーー。
鹿児島の人、とっても親切なのよ、あったかくて。。みんな。

このお母さんも、サイコーでした。
ずっと喋っていて、ほんとに面白い人だった。


「あたしも○○島に行った時フェリー乗ったんだけど、ものすんごい嵐の中でね、死んだよ!!!!
揺れがすごくて、人が走ってたんだから!立ってられないのよー!がははは
トイレのカギはちゃんと閉めなきゃだめよ!開いたり閉じたりばっかんばっかんしちゃってねー!恥ずかしかったーぁ!これ、あたしの体験談(笑)」

と。(笑)

「いや〜!死ぬよ〜!!!とりあえず港までは連れていくけど!っていうかそんなフェリー聞いたことないけど大丈夫?!とりあえず港までは連れて行くけど!知らないよ!あはははは」



着いた場所には、古〜い、貨物船。
けれど乗ろうとしていたフェリーの名前が、そこに。






「あんたら、これ乗るの?!死ぬよーーー!」

傘も差せないくらいの風、横殴りの強い雨、
白く波立つ海。

さぁ、もう後戻りできない
冒険な、一日目が始まりました。


つづく

(こんな活字だらけは初日だけ。笑
次回からきっと写真だらけ~)

anna sekai

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿