ゆめのしま

とあるひとがよめるように

ひらがなでかきなおしました





うまれてはじめて
しんでほしくないと、ねがう


このかしをかいたときのことを、おもいだした。



そしてきょう、うまれてはじめて

ともだちがしんじゃった






そのことをしったとき
どうじにスピーカーから


「ゆめのしまへいったひとはかえらない
うみのはてをみたひとはいないのに」


ってながれてきたんだ

かれがきとくじょうたいだっておしえてくれたともだちに、このあいだかりたどんとのCD。


ふしぎなんだけど、
かれのことをうたったとしかおもえないタイミングとうただった



そしてこのふしぎなタイミングは、かれがもっていたものだったきがする


なにもはなしていないのに、
とつぜんでんわがきたりして、ひとことくれることばがピッタリなメッセージだったりしてた。

たいせつなことをおもいださせてくれるひとだった。




いまでも

わけがわからず・・・


なみだがとまらない


しんじられないけど、
いろいろなことをかんがえる




かみさまはどうして
かれのじんせいをおわらせたんだろう



そのすうじつまえにきていたでんわに、わたしがでていたら
かれのじんせいもかわっていたのかな





ケンシロウ、しあわせだったかな










でもやっぱり、
ぜんぜんしんじられないや


ごめんね、ありがとう。ありがとう。ありがとう。



今日はしもきたざわにて、どう、なにをうたえばいいやら

まだわからない




anna sekai

Phasellus facilisis convallis metus, ut imperdiet augue auctor nec. Duis at velit id augue lobortis porta. Sed varius, enim accumsan aliquam tincidunt, tortor urna vulputate quam, eget finibus urna est in augue.

0 件のコメント:

コメントを投稿